オゾンによるウィルス・細菌の死滅率

オゾンによる各種ウィルス・細菌の死滅率を見ると、オゾンが様々なウィルス・細菌に有効であることがわかります。

ウィルス・細菌 死滅率(減少率)%
一般細菌 大腸菌 99.99
一般細菌 化膿レンサ球菌 100
一般細菌 黄色ブドウ球菌 100
新型インフルエンザ(H1N1) 99.7
新型インフルエンザ(H5N1) 100
ノロウィルス 72
セレウス菌 24
腸炎ブビリオ 24
サルモネラ菌 24
硫化水素 28

インフルエンザウィルスの不活性化試験結果

オゾンはインフルエンザウィルスに対しても有効です。

インフルエンザの不活性化試験では、オゾンガス0.1ppmを3時間(180分)以上(ct値18)曝露する事により、
99%以上のウイルスの不活化
を確認することができました。

不可化率 92.9% 99.0% 99.7%
オゾンガス濃度(ppm) 0.1ppm 0.1ppm 0.1ppm
処理時間 60分 120分 180分
CT値 ※1 6 12 18
未暴露 ※2 *** *** 54.0%

※1・・・CT値=作用時間(分)×オゾンガス濃度(ppm)
※2・・・未暴露の場合180分後の不可化率は54.0%であった。

臭いの成分「アセトアルデビド」の分解力

オゾンは、臭いの成分「アセトアルデビド」をもとから分解・除去することが可能です。

スギ花粉の不活性化・分解試験

スギ花粉の不活性化・分解試験では、オゾンの酸化作用により、花粉が破壊し、細胞が死滅することがわかります。

室内ダニ数の変動

オゾンはダニ対策にも有効です。オゾン発生器を使用すると室内のダニの数が激減することがわかります。

「ホルムアルデビド」の分解

オゾンは、シックハウス症候群の原因である「ホルムアルデビド」も分解することができます。

「バクテクターO3」の効果は、数々の調査機関による試験で実証されています。

検査機関

検査内容

社団法人 日本統合医療臨床研究機構
社団法人 国際感染症危機管理機構

コホート臨床試験
社団法人 日本統合医療臨床研究機構は、国際保健機関(WHO)憲章に基づき、現在世界的問題となっているパンデミック新型インフルエンザウィルス対策生活必需品・医療薬品・交通通信・産業危機の対処指導を目的とする財団法人です。

国立結核予防結核研究所

結核菌BCGtokyo株式会社

ビジョンバイオ株式会社

ノロウィルステスト

財団法人 日本食品分析センター

大腸菌・黄色ブドウ球菌

財団法人 日本食品分析センター

他社商品殺菌効果試験

池田回生病院長野皮膚科医院「医薬の門」

アトピー性皮膚炎治療試験

日本アレルギー学会 
阿南皮膚科医院 長野皮膚科医院

オゾン発生器による ダニ試験

財団法人 北里環境化学センター

オゾンガス暴露によるインフルエンザウィルス不活性化試験

※世界中で猛威をふるっている抗生物質がほとんど効かない「スーパー耐性菌」になる前の大腸菌・黄色ブドウ球菌・サルモネラ菌・赤痢菌などをオゾンで死滅させ集団感染を防ぐことができます。

インフルエンザ対策

利用者の声

エアクリんシリーズはご家庭の様々なシーンで大活躍!実際にお使いのお客様の声をご紹介します。詳しくはこちら→

アフターサポート

データで見るオゾンと当社製品の効果

他社製品との比較

企業や公的機関における導入実積